沖縄のチョコレートづくり 島バナナの伊芸さん

沖縄の素材はチョコレートと組み合わせると新たな輝きを放つ。写真は沖縄アソート5種。沖縄のフルーツをふんだんに使用したボンボンショコラ。今回テーマの島バナナは右から2個目。

亜熱帯気候の沖縄。温帯の本州にはない食材が豊富にある。

マンゴー、パイナップル、パッションフルーツはもちろん、カカオを栽培するやんばる大宜味村には、シークヮーサー、からき(沖縄のシナモン)、島バナナがある。

沖縄のフルーツは豊かだ。四季を通じて楽しめる。

メジャーなフルーツだけでなく、台湾から持ち込んだ品種を独自改良して、自分だけのフルーツを作っている農家もいる。

暑い沖縄で育つものは、どれも個性的。甘みが強かったり、酸味があったり、香りが鮮烈だったり。そんな強い個性とチョコレートは、相性が良い。

そう、私は沖縄のフルーツと生産者をもっと発信したい。どれもおいしいのだが、やはり作り手の姿が見えると、より美味しく感じる。味覚だけでなく、心でも感じることができるのが、知るということだと思う。

自分自身で見た畑で、生産者がどのように栽培しているのか。

5分話すだけでその人のこだわりがよくわかる。こだわりがわかると人柄がわかる。

こだわりと人柄がよければ、作るものは素直に美味しい。

島バナナを作るのは、伊芸農園の伊芸さん。

できる限り自然に近い形で栽培をしたい。会うたびに語り、満面の笑みで迎えてくれ、頑張れ!とカカオの取り組みを応援してくれる。

バナナだけでなく、トマトやウコン、茶葉もオーガニックで栽培している。興味は尽きず、新しい品種や加工にも果敢に挑戦している。まさに人生チャレンジャーというべき、尊敬する人物。

さらなる魅力はお母さんの存在。

言葉では説明できない。まさに母の愛。チョコレートに使うバナナも、発酵に使うバナナの葉も、お母さんが準備してくれる。

島バナナは酸味と甘みのバランスがよい、とても美味しいバナナ。甘さの中に爽やかな酸味を感じると、これぞ沖縄のバナナ!と胸を膨らませてくれる。

その伊芸農園、広大な面積の農地を持つ。全て有機栽培。徹底した土作りを行っている。

こういうところでカカオ栽培をしてもらいたいなと思う。きっと立派に育ててくれるはず。

地域で出会う美味しい食材と、それを畑から作る生産者。

足を運び直接つながり、自分の目で見て素材に絶対の信頼のあるものを使わせていただく。

同じ生産者として、同じ地域を盛り上げる者として、栽培作物や取り組みは違えど、共に進んでいく先輩。これからもバナナを使わせていただきます!

 

伊芸さんの島バナナを使ったチョコレート。

バナナを炊いてコンフィチュールをつくり、それをチョコレートに閉じ込めた一品。ぜひ味わってくださいね。

 

沖縄アソートはオキナワカカオ部ネットショップにてご注文いただけます。

https://okinawacacao.shop-pro.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA