2017年の振り返り 沖縄県大宜味村のふるさと納税

カカオ栽培、地域食材を使ったチョコづくり、そして体験を通して、地域の産業を作っていく。そう掲げてオキナワカカオの取組をしている。その基盤はカカオ栽培、そして大宜味村でしっかりと根付くこと。カカオも、取組も、私自身も。

集落内に拠点を置き、人とつながりながら一歩一歩取組をしてきた。
今年の大きな進展は、大宜味村のふるさと納税の返礼品に登録できたこと。
自慢の「ボンボンショコラ 沖縄アソート5種」

ふるさとチョイス ボンボンショコラ 沖縄アソート

村としても取組とカカオの将来性を期待していただき、掲載いただいた。これは本当に嬉しい。
オキナワカカオの存在が大宜味村へ直接的な貢献につながっていること。

写真は月に一度の集落の食堂。住民交流の時間となっている

 

事業としての貢献を、小さいながら生み出せたということは大きな一歩。
人口3000人の大宜味村は、魅力もあるが課題も多い。
5年後10年後、それ以降を見据えた担い手づくり。産業振興もあるが、私は人づくりだと思う。
逆境をチャンスと捉えできる行動をし続ける人。
人と人とがつながり、新たな価値を生み出す取組を生み出せるのは、大宜味村内のコミュニティの充実。
祭りも、集落行事も、小さな交流の積み重ねも、すべて人と人との接点。接点が増えると新しいことを生み出す機会となる。

そんなきっかけが、ふるさと納税をきっかけに生まれている。大宜味に寄付いただく方、大宜味から出品する方、大宜味の生活を支える方、それぞれに出番と役割がある。
人の取組に興味を持つと、関わりも深くなる。2018年はもっと、大宜味が熱くなる!

私はカカオを通して、この大宜味村の「職と食」を生み出します。ぜひご期待ください。

大宜味村のふるさと納税、引き続きのサポートよろしくお願いします!
https://www.furusato-tax.jp/…/pref…/item_detail/47302/369800

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA