北緯26° カカオベルトを越えてオキナワカカオがあることの意味

北緯26°の沖縄でカカオを栽培する意義はなんだろう。

昨年12月の琉球テックプランターでプレゼン後、問われたお題

「北緯26°、カカオベルトから外れた沖縄でカカオを栽培する、人類としての価値は何か?」

これは深いテーマだ。

 

東京の家の中でカカオを育てている。南向きの部屋ならば、暖房をつけなくても陽が差し、日中室温は20℃を超える。新芽は少しずつ育ち、青々とした葉が茂る。

自宅でカカオを育てるオキナワカカオ部のメンバーには、北海道の方もいる。九州の方もいる。東京でも育つのだ。環境・条件さえ揃えば。

では沖縄で栽培する価値は?意味はどこにあるのか?しかも人類として。

 

この2年、沖縄でカカオ栽培を実現するためのトライを重ねてきた。沖縄本島北部では風も寒気の影響も軽微なビニールハウスの中では育つ。露地でも冬越し、台風も環境によっては乗り越える。

2000鉢を超えるカカオ苗の栽培経験から、環境さえ整えばカカオは育つものだと認識している。しかしその環境をどのように用意できるのか、それは大きな違いだろう。東京のマンションの中で数haも育てる訳にはいかない。

仮に冬の寒さが厳しい北海道のビニールハウスで暖房を焚いて、カカオを育てるとしたら、意味は何だろう。採光と断熱材のイノベーションの実現であろうか。

沖縄ならば無加温ハウスで、場所によっては露地でも栽培可能だ。しかしカカオにとって栽培適地ではあるまい。日本の中では栽培可能性があるのが沖縄なのだが。

 

沖縄のカカオ栽培、一定量の収穫が実現できるとしたら、以下の課題解決ができた時だ。

  1. ビニールハウスなど畑の面積を確保し、且つ土壌や栽培環境などカカオに適したものを準備できる
  2. 露地栽培にて防風・耐寒環境を準備できる
  3. 沖縄の環境で耐えうるカカオ苗を発見し、栽培に適した品種を見つける、もしくはつくる
  4. 気合と根性 笑

4は基本姿勢として持っておきつつ、これらを実現するために、小さい実験を繰り返し、成功事例を積み重ねていく。トライする数が必要なのだ。数が実現を引き寄せる。

その先にあるものが、沖縄でカカオを栽培する意味である。不可能を可能にする挑戦。地域に根ざす取組、大切にしたいことを大切にする行動。

未来にあることを信じて繰り返す行動。それが、人類にとっての意味。たまたま私は、オキナワカカオというテーマでやっているだけ。

ではないだろうか。今は答えは出ないが、挑戦にあるのだと、思うようにしている。

 

私の勝手な思い込みだが、沖縄でカカオを栽培しようと行動を始めたところから、何か価値を生み出しているのではないか。

・地域食材と生産者をチョコレートを通して少しでも伝えることができた

・カカオを栽培することで、日本全国から大宜味村の集落に足を運んでくれた

・沖縄のカカオで国産チョコレートをつくるという「夢」を共有した

 

何より家族に自分の取組を伝え、友人に挑戦を見せ、悩みを相談し、いろいろあっても前を向いてやっている。この現実も、価値なのではないか。自分にとっても。

 

カカオを沖縄でやることにより、カカオにも地域にもチョコレートにも、新しい人が関わるきっかけとなる。人が集まり、人が関わり、力を合わせること。人類の可能性に挑戦することこそ、意味になるのではないか。

 

みなさまはどう考えますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA