露地栽培カカオの成長と可能性

カカオ栽培を始めた2016年の晩秋に始めた露地栽培実験。20本ほどを集落の各地に植え替えた。

カカオを露地に植え替え。ビニールハウスの裏側に10本並べて植え替えた。
当時最も成長の旺盛だった選び抜かれた10本を植え替えた

そのうち今、2019年の4月に生き残っているのが2本。風が直接当たらないビニールハウスの裏側、月桃の陰に隠れて育つもの。
3回目の冬も無事に超えた。今回は苗の先端部分は枯れず、この時期に旺盛な成長を見せている。果たしてこのカカオは、沖縄・やんばるの環境に慣れてきたのだろうか。そうだとしたら、素晴らしいこと。

新芽を大きく伸ばす露地のカカオ。この時期にこの成長は初めて

まだ朝晩冷え込むことのあるこの時期に、新芽をグングン伸ばしている。過去2年では、成長を始めるのがなかなか遅かったのだが、今年は勢いが違う。カカオも冬を経験して、4月のこの時期に成長したほうが大きくなれると判断したのだろう。

農業モニター KAKAXIの温度管理
KAKAXIの温度データ たまに動いていない、がんばれKAKAXI

朝晩の最低気温が15℃をきる、日中は35℃まで上がる。まあこれはビニールハウス内の話であるが、最低気温はビニールハウス内も露地もほぼ変わらない。日中はそこまで暑くならない22-25℃前後。それが良いのだろうか。

露地栽培が沖縄でできるというのは、ロマンを追いかけているようなもの。まずは生き残るかどうか・・・というレベルから、今年はどう成長するのか、それを見守りたい。

成長は、樹高が高くなるのではなく、幹回りが太くなること。どこまで行くのかそれが楽しみである。

ちなみに山間部で植えてある露地栽培のカカオ、最近見に行っていないなぁ。ハブも出るから、刈り払い機を持って見に行こう。きっと同じように成長しているはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA