オキナワカカオナイト vol.2

4/20(土)の夜に行われたオキナワカカオナイト。

やんばるの夜を明るく彩る人、変態が集う場を今後つくっていくことになりそうだ。

女子会ではありません。OKINAWA CACAO NIGHT vol.2

私はオキナワカカオという事業を、「地域づくり、人づくり、カカオづくり」という三つの柱を思い描き、スタートした。人材育成の仕事に携わっていたこともあり、地域づくりの根っこは人にあると思っている。だから沖縄でつくるカカオ産業は、人づくりであり、結果として地域が育まれ、産業となっていくはず。

では具体的にどうやって人を育むのか。人を育むゴールはどこなのか。行き着くところ、「自立」「相互支援」という二つだと思う。それぞれが自立する。自立するためにお互いを支え合い、励まし合い、成長する。その自立というマインドを醸成し、実際に相互支援する機会、コミュニティ、人間関係をつくっていく。それにはまず、自分自身がその考えを徹底し、関係づくりをする。人を支える、応援する、一緒に成長する。そんな場をつくりたい。それがオキナワカカオナイトをやっていく根っこにある。

語り合い笑い合う。幸せな空間。

自分の経験、行動が誰かの役に立てば。自分の行動が誰かの勇気を奮い立たせることになれば。人生のチャレンジをしている人を何かのかたちで支えられる人間になれたらと思う。何より、こうやって語り合い、笑い合い、お互いのことを理解しあい、楽しい、幸せ、さあやっていこう。明日への活力を、信じる力を感じる場を、つくり続けたい。

人が育つのに一番大切なことは、仕事をすることだと思う。あれこれ悩む時間も必要だが、なんとかしようと具体的に行動すること。仕事をすること。手と体と頭を動かし、汗をかき、仕事を覚え、必要なスキルを磨き、できなかったことが少しずつできるようになり、他人の評価を得ると自分自身も少し成長した気持ちになる。仕事をする、具体的に動く。そうできるための支え合いが、相互支援なのではないだろうか。時には寄り添い心を支え、必要ならばアドバイスをし、一緒に動くこともある。

これは私がここやんばるで、これまでの三年間受けてきた応援の在り方だと、書いていて思い出した。頑張ろうとする人を放っておかない、そこにいる人を見放さない、そのやんばるの懐の深さは、やんばるの奥深い自然に育まれたもの、文化だろう。

自分のできること、作品を持ち寄り、シェアする

オキナワカカオナイト、今できる私の地域づくり、人づくりに貢献したいと思う気持ちをかたちにしたもの。いずれはゲストを呼んだり、地域内外の交流の場となったり、を10名前後の少人数でディープに続けていきたい。開催ごとに新しいアクションが生まれ、地域を盛り上げる具体的行動が始まるようにしていこう。何より楽しく美味しく笑い合い語り合い、盃を傾け合う場として。

次回は5月25日(土)の夜に開催予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA