泡盛まるたと合わせる

今日明日はやんばるもいいお天気になりそう。雨が多かったので、晴れは嬉しいですね。

オキナワカカオのすぐ近くに、やんばる酒造さんがある。泡盛を醸す地酒。この地酒を使わせていただき、面白いチョコレートを作れないか。そう考えてきた。

やんばるで愛され続けるお酒。私も泡盛は、ほとんどこればかり。ストレートはもちろん、ソーダ割り、水割り、お湯割りなんでも来いだ!

カカオに泡盛を飲ませる

人が飲んで美味しいのなら、カカオにも飲ませてみよう笑!瓶にカカオを詰め、泡盛を流し込む。1ヶ月ほど浸漬し、カカオに泡盛を染み込ませる。カカオも泥酔状態だ。酔っ払いカカオで作るチョコレート。

泡盛が染み込んだカカオ
カカオを漬け込んだ泡盛。きれいな琥珀色。これはこれで、何か活用方法はないかな?

カカオを乾燥させ、ローストし、丁寧に仕上げていく。泡盛に浸す時間が長いので、チョコレートづくりは一発勝負。何か一つのパラメーターを変えると、味が変わってくる。失敗は許されない。そんな緊張感がある。失敗したらやり直しに時間がかかるしね。

アルコールに熱をかけると、甘い芳香が漂う。砂糖の量も調整し、完成度を高める。そんな実験の繰り返し。そうやって、このチョコレートが出来上がる。

4月に作ったまるたチョコレート。次のロットはまた改善する

泡盛が香るチョコレート。多くの方に好評を得ることができた。

そしてもう一つ、チョコレートドリンクに泡盛を合わせたカクテルを作ってみた。

まるたのチョコレートカクテル

カラキ(沖縄シナモン)を隠し味にチョコレートドリンクを作り、まるた20度で割る。それだけでも美味しいけど、やんばるのフルーツをたっぷり添えて作るチョコレートカクテル。これは美味しい。泡盛が強いから酔っ払う!これは危ない笑!

地域のものづくりとは、シンプルな掛け算。その土地のものを組み合わせると、素直においしいものができあがる。「地のもの」を地酒で食べるのが一番おいしく、幸せを感じるように、オキナワカカオのものづくりは、「地のもの」を組み合わせ、シンプルにお出ししたい。それが私たちのものづくりのポリシーでもある。

やんばる酒造さんとのものづくり、今後いろいろと発展できるよう、大切に育んでいきたい。

2 thoughts on “泡盛まるたと合わせる”

  1. やんばるのスゥイートリキュールが産まれそうな予感。
    カルアリキュールの様で沖縄の旨味を詰めたカカオリキュールができるといいな。
    カルアミルクの様に乙女がキュンキュンするカクテルに使える様な逸品。

    1. ありがとうございます。やんばるのリキュールづくり!それは発想になかったです。やってみたいですね。まずはまるたさんと相談!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA